株式会社ダイショウ
セミナー情報

『事務改善セミナー開催のご案内』 -結果報告-

 

【Agenda】
  1. 基調講演
    「モバイル版現地調査支援システムの可能性」
    〜データを現地で活用するには〜
    香取市税務課 藤ヶ崎 幸雄 氏
  2. モバイル版現地調査支援システム「DaiMoss」ご案内
    株式会社ダイショウ 企画営業部 石塚 一孝
  3. 法務局登記データ変換ツール「異動職人エキスパート7」のご案内
    株式会社ダイショウ 企画営業部 石塚 一孝

 

2011年8月26日、バーディホテル千葉にて弊社主催のセミナーを開催いたしました。千葉県市町村の各自治体様より24名、11自治体にも及ぶ多くのご職員様にご参集いただきまして誠にありがとうございます。

今回は、事務改善セミナーとして、タブレット端末を使用した「現地調査の合理化について」と、法務局より提供される「登記電子データ」の実態と登記の電子データベースを活用可能な変換ソフトのご案内をさせていただきました。

詳細内容

1.基調講演
「モバイル版現地調査支援システムの可能性」
〜データを現地で活用するには〜

香取市税務課 藤ヶ崎 幸雄 氏

基調講演として、香取市税務課 藤ヶ崎 幸雄 様より「モバイル版現地調査支援システムの可能性 〜データを現地で活用するには〜」というテーマで実際の現場の声を基にした現地調査の効率化を図るためには今後どう有るべきかというお話をいただきました。
香取市様では家屋評価調書の電子化に伴い、従来の現地調査方法の改善を目指しべく、 これまで現地調査に費やしていた労力をより軽減したいという趣旨からタブレット端末を利用することで、すぐ出かけられる、簡単入力、現場で完結、というテーマを中心に、動画を利用したパワーポイントでタブレットに必要と考えられる様々な付加機能の説明をしていただきました。加えて、お客様ならではの災害時転用機能や予算措置についても要望をあげていただきました。

 

2.モバイル版現地調査支援システム「DaiMoss」のご案内

株式会社ダイショウ 企画営業部 石塚 一孝

今回ご紹介させていただきますモバイル版現地調査支援システム「DaiMoss」は、お客様からのご要望を取り入れ、単なる画像のみの電子データのファイリング及び保管から、モバイル端末へ格納することで、現地調査時に持参し、現地での資料確認及び現地でのデータ情報の追記を簡単な操作で、どなたでも手軽に使えるシステムを目指して開発してまいりました。
システムの主な特徴は以下のとおりです。

  • 現地調査の事前準備時間の省力化が可能
  • 調査資料のコピーや書き込みが不要
  • 大量な資料はダウンロードするだけ
  • 現地でのデータ追加機能
  • モバイル端末に現地でのデータ入力及び、簡単に滅失・増築等の作画が可能
  • 調査済データは帰庁後アップロード
  • システム概要
    (USB接続、庁内サーバー設置、データセンター利用の3パターンから選択)
DaiMoss

 

3.法務局データ変換ソフト「異動職人エキスパート7」のご案内

株式会社ダイショウ 企画営業部 石塚 一孝

現在、法務局からの登記済通知書と登記事項要約書の提供が従来の紙に加え、電子データでの受け渡しの方向になっていくことにより、登記情報の電子データの利活用に大きな期待がされています。
しかし、実際に法務局から提供される登記の電子データの実態は、文字の羅列であり そのままでは使用できないのが現状です。従って、法務局からの登記データを利用するにはデータを変換するソフトが必要となります。

法務局データ変換ソフト「異動職人エキスパート7」は法務局からの登記電子データを活用するために弊社で2年ほど前から開発してまいりました。

以下は「異動職人エキスパート7」講演概要となります。

  1. 登記済通知書と登記事項要約書の電子化について
  2. 異動職人エキスパート7開発の背景
  3. 電子化された登記済通知書データの実態
  4. エキスパート7の機能概要
  5. 登記済通知書の電子データの問題点
  6. 異動職人エキスパート7で出来ること
  7. 登記履歴管理システム又は土地・家屋台帳への応用
  8. 登記事項要約書電子データと課税データとの照合
  9. 照合後の不突合、未載等の課税データの処理
  10. 費用について
EX7

このページのTOPへ

個人情報の取り扱いについて 情報セキュリティポリシー